POLICY

建築空間とは・・・
人間の生活の基盤となる箱である。
日常生活を、より快適に、格好良く、楽しむためのベースがそこにはあるのです。
だからこそ、安心、かつ快適、さらには魅力的でなくてはいけません。
そんな「住まう」空間をエースクエアは追及します。
そのためのキーワードは、「人」「光」「風」「自然素材」「デザイン」「コスト」であると私達は考えます。

「人」
建物づくりは対話から始まります。人間の性格が千差万別であるのと同様に、快適な建物というのは利用者の
性格や習慣によって様々な正解があるものです。クライアントと対話し、その癖や習慣、好みを知ることから
エースクエアの建築計画は始まります。

「光」
私達は光と共生しています。光が、温かさをもたらし、空間に明るさを与える反面、強すぎる光は不快感を与えます。
エースクエアでは、暑い夏の日を避け、寒い冬の日を積極的に取り入れる空間づくりを提案いたします。また、
照明計画により、空間に深みを与え、家族の集まることの多い夜を魅力的に演出いたします。

「風」
私達と同様、建物も息をしています。常に新鮮な空気を取り入れ、風の流れる建物をつくることで、より丈夫で
快適なものへと成長していくのです。
エースクエアでは、風との共生を意識した風の道を建物の中で提案させて頂きます。

「自然素材」
自然素材は人間にとってやさしいものであるとエースクエアは考えます。森林などにいくと心も体もあらわれた
ような感覚を覚えたことは多くの人が経験されたことがあるでしょう。
エースクエアでは、無垢材の床や珪藻土、漆喰、無垢の構造材などを積極的に利用します。すべてに自然素材が
取り入れられない場合であっても、少しでも多く自然素材を取り入れられるよう設計しています。
これらの素材は、調湿効果を持ち、息をした無垢材は、硬化し強度を増していくという特性もあります。
エースクエアの建物の多くは、使いながら丈夫になっていく日本古来からの木造軸組み工法です。
木造軸組み工法は、使いながら丈夫になっていく、私達日本人の生活にあった、安全で、安心な構造なのです。

「デザイン」
機能的で、無駄のない洗練された建築空間は、「格好いい」というのがエースクエアの信念です。
そして「格好いい」建築は、時代に左右されない飽きの来ないものとなります。
だから、デザインなんてどうでもいいという方は、考えを改めてください。人生で最も高い買い物をするのに
デザインなんてどうでもいいなんて言うことは絶対にありません。
しっかりと時間をかけ、こだわりぬいた「格好いい」建物を一緒につくりましょう。
これはエースクエアからのお願いです。

「コスト」
建築はほかのどんな買い物よりもお金がかかる買い物です。ただ、無駄にお金をかけてよいというわけでは
ございません。
「建築設計事務所は高い」と考えている方も少なくないでしょう。
確かに、建築設計事務所は、設計だけを行うため、建築を行う工務店の費用に、設計料を取られてしまい建築
コストが高くなるといわれています。また、多くの社員を抱え、宣伝費用もどんどん使うメーカーは経費が
かさんで建物が高くなるといわれます。
エースクエアでは、そんな無駄を省きます。最小の人員で、最大のパフォーマンスを目指します。積極的な
宣伝は行わず、クライアントの満足による紹介に力を入れています。
施工、意匠それぞれに専門スタッフを置くことで、質の向上とその先にあるクライアントの満足をめざし、
設計から施工まですべて一括受注、一括管理を行いますので、余計な設計費用と宣伝経費の削減により、
より良いものをよりお安くクライアントにお届けする努力を致します。
その代りクライアントの皆様には、建築後、ご自身の建物を色々な方々に紹介する機会を設けて頂く
お願いをしております。